開催日

2021年 4 6日(火) 14:00~

hero-2
働き方

いままでの働き方を変えないやり方

~あの名作が生む、ヒトとクオリティの維持する方法~

char Theme


意識・組織

新常態における組織力の保持

アイデア・創造性

アイデアを生み出す環境に
必要な条件とは

スタジオ運営

コロナ(ニューノーマル)の
本質的影響とは


Special Guest

株式会社スタジオジブリ

guest_0406
制作部 副部長 古城 環

1993年スタジオジブリ入社 撮影部に配属
『平成狸合戦ぽんぽこ』(94) 、『耳をすませば』(95)、短編『On Your Mark』(95)、『もののけ姫』(97)撮影、『ホーホケキョ となりの山田くん』(99)監督助手、『千と千尋の神隠し』(01)、『猫の恩返し』(02)、『ギブリーズ episode2』(02)音響制作。『ハウルの動く城』(04)、『ゲド戦記』(06)、『崖の上のポニョ』ポストプロダクション。『借りぐらしのアリエッティ』(10)制作デスク。『コクリコ坂から』(11)、『風立ちぬ』(13)制作担当。『かぐや姫の物語』(13)CV:石上中納言役・音響制作デスク、『思い出のマーニー』(14)制作担当。

2014年 スタジオジブリ制作部門解散に伴い退社、フリーになる。
2018年 スタジオジブリ復帰入社 制作部 副部長
「アーヤと魔女」(20)編集・音響制作

Panelists

asana Asana Japan 株式会社

panelist_0406_a
マーケティングリード 内野 彰

1996年 日本電信電話(NTT)入社後、Microsoftにてコミュニケーションエリアのビジネス開発やWindows製品マーケティングに携わる。フィンランドヘルシンキのインメモリーDBスタートアップSolid(のちIBMに買収)のカントリーマネージャー経て、クラウド ERP老舗のNetSuite(2017年にオラクルに買収)の立ち上げに携わり、マーケティング・事業戦略責任者として企業成長を支える。2019年10月よりAsana 日本法人のスタートアップメンバーとして参画。

atrae 株式会社アトラエ

panelist_0406_b
wevox事業部
キリコミ隊長
川本 周

新卒で当時未上場の株式会社アトラエ入社。入社後はIT/Web業界に強い求人メディア「Green」のコンサルティング営業を担当。その後、新規事業のエンゲージメント解析ツール「wevox」チームへ異動。
現在は、年間1000名を超える経営者や人事担当者とお会いをしながら、エンゲージメントを軸にした組織改善を支援。
通常業務とは別に社内のバリュー刷新や全社コミュニケーション設計などのプロジェクトも担当。

Moderator

Microsoft 日本マイクロソフト株式会社

YoshitakaKasugai-MS
Microsoft 365 ビジネス本部
エグゼクティブ プロダクト
マーケティング マネージャー
春日井 良隆

岐阜大学 教育学部 哲学科を卒業後、大沢商会を経て、アドビ システムズに入社し、リリースされたばかりのAfter EffectsとPremiereを育てる。2007年にマイクロソフトに入社し、ExpressionやSilverlightを立ち上げる。2009年からUXやHTML5のエバンジェリストを務めた後、2015年よりWindows、2018年よりMicrosoft 365のマーケティング担当となって今に至る。


Agenda

「最近の若者は…」というセリフも懐かしく、“若者≒根性がない、働かない”といったイメージがマネジメント層に染みついてはいないだろうか。一方で、若者からすれば上司を含めた働く環境・条件や会社のビジョンを重視するあまり、“働く”理想とのギャップに気合が入らないという想いも少なくないだろう。
社内、そして外部環境が激しい速さで変化する現代社会において、「サービスのクオリティ」と「働きやすさ」の両立に試行錯誤を繰り返す経営層とマネジメント層。経営、営業数字、商材、そして多くの部下との狭間に、マネジメントと組織づくりの正解はあるのだろうか。
今回の座組では、いつの時代においても世界中の人々に夢を送り続ける「スタジオジブリ」にスポットを当て、その世界最高峰の制作部隊の組織やクオリティの維持・管理、ヒトの採用やマネジメントに焦点を当ててみたい。2021年初の座組は「ジブリ」の絶対的クオリティの裏側を支える組織、ヒト、IT活用について座組む。


ゲスト単独講演

20 分 14:05-14:25
株式会社スタジオジブリ

制作部 副部長 古城 環

スタジオジブリ制作の裏側
手書きアニーションの制作現場とスタッフ管理

宮崎駿監督、高畑勲監督など、数多くの日本を代表する作品を生み出すアニメーション制作会社「スタジオジブリ」。
その作品があまりにも有名で、制作プロセスや社内体制などがフォーカスされることは少ない。
この度、株式会社スタジオジブリ 制作部 副部長 古城氏に出演いただき、如何にしてあの作品が生み出されるのか、その社内体制は、マネジメントは、社員教育、採用プロセスは、などなど、スタジオジブリの組織づくりとその想いについてお話しいただきます。

パネルディスカッション

45 分 14:25-15:10

Q&A

15 分 15:10-15:25